「ほっ」と。キャンペーン
Top
Contents
d0097465_15334722.jpg

d0097465_189318.jpg 成田出発からフィンランド到着まで 〜12月13日(水) 第1日目〜

●その1 成田出発!
●その2 成田出発! 機内編
●その3 コペンハーゲンで乗換え
●その4 やっとヘルシンキ到着


d0097465_16221659.jpgフィンランド3日間の旅 〜 12月14日(木) 第2日目〜

○その1 部長より、フィンランドの朝食およびパン報告書
○その2 いきなりOh迷Go!
○その3 念願のピーラッカを食べました
○その4 ロックなチャーチ、テンペリアウキオ教会へ!
○その5 キアズマ 〜 フィンランド国立現代美術館
○その6 ヘルシンキ中央郵便局でメタル詣で
○その7 デパートで若者文化に触れてみました


d0097465_16221659.jpgフィンランド3日間の旅 〜 12月15日(金) 第3日目〜

○その1 今日こそ行きます、スオメンリンナ島
○その2 歴史ある美しき島へとうとう行ってきました
○その3 ロシア正教の教会、ウスペンスキ大聖堂
○その4 アラビア・ミュージアムはカツにはありません
○その5 写真撮る暇もなくデザイン・ミュージアムへ
○その6 ラストナイツ in ヘルシンキ


d0097465_16221659.jpgd0097465_17204212.jpgフィンランドからデンマークへ 〜 12月16日(土) 第4日目〜

●その1 とうとうフィンランド出国
●その2 コペンハーゲン再び
●その3 ライブハウス・VEGAへの道は暗く険しい


d0097465_17204212.jpgd0097465_5393451.jpgデンマークそしてスウェーデン3日間の旅 〜 12月17日(日) 第5日目〜

●その1 所変わってデンマークの朝食およびパン報告書
●その2 いきなり国境越えてスウェーデンへ
●その3 我が夢の街、Malmö
●その4 Malmöのカルチャー事情をお勉強
●その5 Malmöでお買い物
●その6 フィーカ・アゲイン
●その7 さすが北欧どこでもクリスマス


d0097465_17204212.jpgデンマークそしてスウェーデン3日間の旅 〜 12月18日(月) 第6日目〜

●その1 まずはコペンハーゲンを知ろう
●その2 デンマークの郊外へ
●その3 ルイジアナ美術館に到着
●その4 オアスン海峡を臨む
●その5 鑑賞以外にもお楽しみ満載
●その6 チボリ公園でキラキラしたい☆
●その7 たかがホットドッグ?


d0097465_17204212.jpgd0097465_189318.jpgデンマーク出国、そして日本へ 〜12月19日(火) 第7日目〜

○その1 コペンハーゲンともお別れ...
○その2 コペンどころか北欧とお別れ...
○その3 お米の国へ無事生還


d0097465_21343662.jpgPHOTODIARY

◎ Kちゃんと私の写真で綴る旅の歓び帳

........................................................................................................

-->そんなこんなで旅から半年たってやっと無事完成!袋とじ写真集付!!
皆様いろいろお世話になりました。kiitos & kippis!!!

[PR]
# by Speakeasy3 | 2007-06-25 00:00 | contentes
PHOTO DIARY:写真で綴る旅の歓び帳
d0097465_17505399.jpg
日記代わりの写真... と言いながら、あらゆる場面を一眼やデジカメを駆使して
あちこちで撮りたおしていた我が旅の相棒。そんな姿に触発された私もムダに撮りまくり!
なんとその数、軽く1000枚超...。でもそんなKちゃんのおかげで、そろそろ自分の記憶が
一番あてにできなくなってきたお年頃だけに、大切な旅の思い出も完全ピクセル化!
というわけで、最後にそんなこんなの二人の写真を勝手に公開☆


--> Please enjoy !
[PR]
# by speakeasy3 | 2006-12-19 23:00 | Photo diary
12月19日(火)曇り:7日目/その3 お米の国へ無事生還

d0097465_12394735.jpgd0097465_16322845.jpg旅が終われば記録も終わり...


あぁーーー 本当いいところだったなぁーーーー 北欧。。。
過ごした日々が想像以上に楽しかっただけに、どうにもこうにも淋しい気分。
うっかりハンケチも濡らしそうな勢いだったけど
何せ機内は日本人だらけ、もうすでに気分はちょっぴり日本..。
しかもお正月休み前という微妙な時期にもかかわらず、機内は満席!
アナウンスも北欧へ向かう時より日本語が多いのは気のせいか?
近くの団体ツアー客の皆さまは、添乗員に言われるがまま強制的に
何やらアンケート用紙にこまごまとと記入中。め、めんどくさそうだな、おいー
ううむ、できれば旅も人生も自由に楽しみたいものですね。ってオレ様何様?

あとはもうお家に帰るだけとなった今、最後に残るお楽しみは機内食☆
そんなわけで最後までしつこく、二人で撮影大会。
d0097465_033526.jpg
ちなみにKちゃんはお肉(写真左)私はお魚(写真右)をチョイス。
パッケージの蓋の色が肉=白、魚=青で色分けされていて妙にキレイ。ムダに感動。
当然SASの素敵カトラリーも撮りおさめたい!
と、狭いテーブル上で熱くあれこれセッティングしてるうちに乗客の皆様、
すでにお食事ほぼ終了。って早!少々焦る二人...
でもおいしくいただきました◎ サラダがやっぱり激しく塩辛かった記憶。

ところでSASのカトラリー、本当にいちいち素敵すぎ!
ちなみにデザインはスウェーデンのストックホルム・デザイン・ラボという会社。
なにせデザインもいいけど、気が利いてるコピーがさりげなく入ってるところが素敵。
例えば塩が入ったパッケージには単に『salt』だけでなく『Add Sharpness』。
そしてコショウが入ったパッケージにも『Add Contrast』のおまけの一文。
さらには砂糖が入ったパッケージには小さくこんな英文が...

Imagine if it snowed sugar It would look like snow,
but a lot more people would be eating out

なんだか意味はよくわからないけど(え?)とってもポエティック〜
とにかく砂糖を雪にたとえるところが北欧の人らしい発想! 素敵。
下の写真はあんなこんなのSASグッズを少々。三角パッケのミルクもスウェーデン産。
d0097465_034862.jpg
そんなこんなで十二分にお食事タイムを楽しんだ後は映画観たり寝たり
ダラダラ... 帰りの機内では、あまりいい映画やってませんでした。
Oウィルソン&Kハドソンのつまらん映画の記憶しかない。d0097465_0343526.jpg あ その後、本当に最後の食事(軽食)もちゃんと出ました!
つか全然動いてないのに食べてばっかりの気も...
しかしその軽食のヨーグルトやジャムのパッケージも
今となっては思い出深い。もちろんそんなジャムやら
SASのカトラリー関係もろもろ、大切にバッグにしまって
すべて家へ持ち帰りのち当然ファイリング。もう病気!
でもこういうのも、私たちにとっては大切な旅の想い出。

そして何事にも終わりは必ず訪れるもの、短いようで長かった6泊8日の北欧への旅も
そろそろ本当に終わりです。なんだか帰りはあっという間に着いてしまったような。
無事に日本に到着できた安堵感と旅の終わりの寂しさが入り交じり複雑な心境...
でもバッグや財布そして最も大事な命もとられず、二人とも無事に旅を終えられる事に
ほっと一息... あ 前にも同じ事書いたか。ま いっか。
それに小銭入れ、早々に落としたしね...ってそれこそもういっか!
(といいつつ、しつこく落し物センターに電話したけどね!そしてやっぱり無かったけどね!) 

d0097465_1451699.jpg成田空港の外はどうやら曇り空、なんだか
グレーの世界。空港内のベンチに座って
荷物を整え、そしてとうとうKちゃんとも
お別れの挨拶... 共に旅した相棒とのお別れは
心から名残惜しい。でもあなたと旅ができて
本当によかったです... どうもありがとう...。
そしてここで、この旅の総括もうっかり語りたいところですが(あ 要らない?)
その熱い気持ちは私の心の中に、そっと静かにしまっておくとして
ムダに長々と続けてきた、北欧への旅の記録をいい加減終えたいと思います。

d0097465_2163261.jpg<--こちらは家に帰ったら用意してあった
ピンちゃん特製・豆蟹ご飯。
8日ぶりにお米食べてうっかり感激!
ごちそうさまです!!
つかそれパン部長失格では...
[PR]
# by speakeasy3 | 2006-12-19 14:00 | 7日目/コペンから日本へ
12月19日(火)曇り:7日目/その2 コペンどころか北欧とお別れ...

d0097465_12394735.jpgもはや北欧こそが我が故郷


コペンハーゲンとも涙のお別れ、ふたたび電車に揺られて
デンマーク・カストラップ国際空港へ。本当に今日帰るんだよなぁ...
あぁいっそもう一度マルメ、いやいやこの際フィンランドへ戻っても...
そんな名残惜しい気持ちいっぱい、それでもフラフラと大荷物抱えて
SASのチェックインカウンターを目指す二人。いい加減疲れもピーク。
なのにそれがも〜う到着したチェックインカウンター、えらい行列!
どうぞ皆様、旅立ちの準備はお時間の余裕を持って。
実際問題、乗り遅れたらしい若者約2名...。

d0097465_1843769.jpgとにかくその長い長い行列に並びながら、最後のエアメールを
したためる私たち。便利なことにポストもすぐ近くにありました!
ちなみにそのエアメール用にと買った絵はがき(チボリ公園!)は
コペン駅構内の郵便局で購入。これがコペンでの最後のお買い物。
あーデンマークでほとんど郵便部活しなかったな〜 ちょっと残念。
デンマークの切手デザインも素敵でした。
d0097465_1842074.jpg
ちなみにこの切手の絵はコブラのもの。
コブラについてはこちらを参照。
ううむ、なんだか切手一枚でも勉強になります!
全然関係ないけど、先日たまたまこんな展覧会を見ました。
いろんな国のいろんなキノコがいろんなデザインで...
特にメキシコのキノコ&デザインはいろんな意味でヤヴァそうでした☆
北欧諸国の切手もありました! たかがキノコで相当な盛り上がり。

それはさておき無事にチェックインを済ませ、エアメールも投函した後は
ある意味最後の大仕事が待ってます。そう、おみやげ探し! 
とにかく、この時おみやげの事しか頭になく、せっかく広い空港内を
散々ウロウロしたのに写真撮る事をすっかり忘れていた二人... 残念!!
カストラップ国際空港、新しくてキレイでした。とにかく広々とした印象。
木材が多用されていたせいか、人工的な感じがしないのもよかった。
次回はぜひ自ら撮影を。それにしてもおみやげ選びは大変ですね...
お友達用のおみやげ選びは楽しいけど、社用とか... ねぇ...
しかも帰国後、同じものを会社近くの輸入食品店で発見したりして。。。

そんなこんなでおみやげも無事確保、後は搭乗を待つのみ。
整備遅延のせいで時間が遅れ、なかなか搭乗が始まらなかったものの
無事に私たちの乗った飛行機はデンマークの地を搭乗後ほどなく離陸。

遠くにかすんでいく北欧の地、本当に今度こそお別れの時...

う、ハ、ハンケチを。。。

さようなら、我が故郷......

え、故郷??
d0097465_1871212.jpg

[PR]
# by speakeasy3 | 2006-12-19 13:00 | 7日目/コペンから日本へ
12月19日(火)曇り:7日目/その1 コペンハーゲンともお別れ...

d0097465_12394735.jpgFarvel, København...


とうとう、この北欧旅行最後の朝がやってきてしまった。
すっかりいい大人になった今、時の流れと自分時計にズレがあるけど
それにも増してこの1週間は早く感じたな〜。
そして楽しい時間が経つのは、なおさら早い。
ううむ、そういう感覚は大人になっても変わらないものなのね...
でも大きな事故もなく、無事にこの1週間を過ごせた事に心から感謝... そして合掌。
d0097465_033089.jpg
最後の楽しいバイキング朝食も済み、そしてまたもや男子並にさっさと荷造りも終え...
そんなこんなでチェックアウトの時間まで、コペンハーゲンにお別れをすべく
二人でカメラ持ってしつこく散歩へOkGo!

まずは3日間、通いたおしたコペンハーゲン中央駅と駅周辺を再びぶらぶら〜。
中央駅の中にも大きなツリー。構内にはマックやCDショップ、郵便局などもありました。
そしてチボリの前で、入口をみつめるアンデルセンも発見。見てる見てる!
d0097465_243412.jpg
そういえば世界三大ガッカリ観光名所の人魚姫の像、見に行かなかった...
ちょっぴり私もガッカリしたかった気もしないでもなく?
しかしフィンランドでもデンマークでも、観光名所と言われる所には
私たち、ほとんど訪れていないのでは.... ま いっか。いいか?

コペンカードがあれば無料になるはずだったデンマークデザインセンターにも行ったけど
いつの間にか有料になっていたので、無料のニューカールスベア美術館へ。
最後まで相変わらず貧乏くさい... しかし次回来た時はぜひ訪ねたいです、DDC。

d0097465_295742.jpgニューカールスベア美術館もこれまた広く、
最初に観た盛りだくさんの彫刻で
二人とも、もうお腹いっぱい...
学生時代に描いた石膏像をふと思い出したりも。
なんだか懐かしい....
そういえば、館内でデッサンしている
中・高校生くらいの学生さんがたくさんいたな〜
授業? なんとなくうらやましかった。
多分うっかり遠い目をしてただろうな、私....

残念ながら余り時間の余裕が無かったので、再びチェックアウトしにホテルへリターン。
おみやげでさらに重くなった荷物を持って、いよいよコペンハーゲンともお別れ...
う〜ん、それにしてもコペンハーゲンという街をなんて表現していいのやら...
街並は古くて重厚なんだけど、でもその街を歩いている人は想像以上に国際的。
静かでのんびりした街かと思っていたけど、思った以上に騒々しくて雑多な感じ。
...とにかく、この印象はやっぱり最初から最後まで変わらなかった。
でもそんな騒々しい場所から一歩外れると、何年、何十年、うっかり何百年、と
もう本当に長い間、時が止まっているかのような雰囲気の場所もあったりして。不思議。

d0097465_046469.jpgしかし、まだまだコペンハーゲンには
訪れるべき場所がたくさんあるせいか
空港行の電車をホームで待っている間、
いつかこのコペンハーゲンという街に
また戻って来るような気がしました...
--------------------------------------
余談。旅行後MEWのコペンで録音された
古いCDを聴いていたら、突然その曲と
コペンハーゲンの街並がシンクロ!
自分の目と心で体感できるからこそ、
旅するって素晴らしい事なのかも...

[PR]
# by speakeasy3 | 2006-12-19 10:00 | 7日目/コペンから日本へ



北欧の旅の記録というより記憶です。ほぼ自分用メモなのでいちいちムダに長いです。
by speakeasy3